医薬部外品育毛剤のデメリット

薄毛の原因や体質によっては効果が出ないこともある

医薬部外品の育毛剤は、医療機関で処方される薬よりも安く手に入れることができますが、薄毛の原因や体質によっては満足のいく効果が出ないといった問題もあります。特に、薄毛の進行のスピードが早い場合は、市販品を使っても期待通りの効果が出にくいため、いち早く皮膚科や美容外科の医師のいるクリニックで診察を受けることがおすすめです。最近では、初期の段階の薄毛対策に役立つ医薬部外品の育毛剤が次々に登場していますが、効果的にヘアケアを行うために、成分の種類や配合量などをしっかりと比較することが肝心です。その他、医薬部外品の育毛剤は、医薬品と比べて副作用のリスクが低いものの、体調や持病などに不安があるときには、薬剤師などの専門家に指示を仰ぐことが大切です。

クリニックで治療をする方がコストを抑えられることも多い

医薬部外品の育毛剤は、自宅に居ながらヘアケアに取り組めるアイテムとして人気がありますが、薄毛の症状によってはクリニックで治療をする方がトータル的なコストを抑えられることもあります。特に、AGAなどの市販品では十分な治療効果を期待できない薄毛に対応をするためには、美容皮膚科などの専門性の高い知識を持つ医師が揃っているクリニックに通院して、内服薬や外用薬による治療を希望することがおすすめです。最近では、月々の治療費用が一万円未満に設定されているクリニックも増えています。そのため、医薬部外品の育毛剤を使っても効果が実感できなかった場合には、すぐに評判の良いクリニックのカウンセリングの予約を取ると良いでしょう。